特別企画の大丸のおせち、「料理マスターズ」受賞者監修だから売り切れ必須

34歳女性、専業主婦です。私が憧れているのは大丸・松坂屋「料理マスターズ」受賞者監修おせちです。料理マスターズとは、2010年度に制定された農林水産省による料理人顕彰制度。大丸・松坂屋では2014年から特別企画おせちとして二人前2万5,000円で販売されています。

我が家の年始は夫の実家に親族で集まります。お雑煮や煮物は義母が手作りしますが、おせちはいつも兄弟の誰かがデパートで買った料理を持ってくるのが、いつの間にか決まっていたルールでした。

大丸のおせちは理想形、豪華料理を好きなだけ食べてみたい

綺麗におせちが詰められた重箱は、置いただけでテーブルが華やかになるので欠かせない存在です。とても美味しそうなのですけれど、残念な事に家族が大人数だとその素敵なおせちをキチンと味わう事ができません。食べたいなと思っている品も、誰かに奪われてしまう事があるのです。

そんな訳で自分が食べたい料理を食べるために、私はすべてに満足できる豪華なおせちを買ってみたいなと思っています。そのために、私はネットで色々なデパートのおせちを調べていたのですが、その中で一番理想的だったのは大丸・松坂屋コラボの料理マスターズ受賞者監修おせちだったんです。

料理人マスターズ受賞者監修のおせちは、優れたシェフと大丸のコラボ企画

料理人マスターズ受賞者おせちというのは、食文化や料理の腕はもちろん、地方の活性化に尽力した現役のシェフたちが監修なさっています。それらはどれも実に鮮やかで彩も素晴らしく圧巻なおせちばかり。豪華絢爛な二段のお重は、まず一段目が和のお重で、二段目が中華のお重となっています。

料理は和食だけでなく中華もあって、飽きさせない趣向です。それぞれの料理はお重から取り出しやすく、シェアしやすいスタイルなのも魅力的です。お料理はどれも手が込んでいて本当に美味しそうです。2万5,000円も出せば外で美味しい料理をいただけるかとは思いますが、おせちでこのお値段なら味も相当期待できると思います。

お正月に家でのんびり過ごしながら、大丸のおせちで贅沢気分を味わうのはまさに夢です。大丸のおせちは人気なので油断してるとすぐ売り切れてしまいます。そのため、買うと決めたら早めに申し込まないと手遅れになるので要注意です。

インスタ映えする大丸のおせち、購入したら自慢せずにはいられない♪

来年のお正月には夫と二人用で豪華な大丸のおせちを用意するのもいいなと、今からこっそり目論んでいます。でも、買ったら買ったでインスタ映えするのは間違いないので、誰かに見せびらかしたくなってしまうかも知れません。

ともかく、見た目はもちろん味も絶対に間違いないであろう、プロの作った豪華絢爛なおせちをいつか自分のためだけに用意したいものです。その時は、自分だけでゆっくりおせちを味わった上で、余裕があれば次からはお客様を招いて一緒に食べるのもいいかもしれません。