高級食材をふんだんに使った錢心亭の「極」おせち、値段も200万円と超高級

私は40歳パート主婦です。一度は食べてみたい憧れのおせちは、新潟県三条市にある結婚式場のオオノガーデンテラスの総料理長が監修している錢心亭(せんしんてい)の【極~Kiwami】と言うスペシャルセット200万円するお節料理です。

国内はもちろん世界各地の高級食材が入った極おせち

このスペシャルセット極は200万円ということですが、ネットで確認したところ、何人前などの基本的な金額は多少の提示はありますが、各々注文の時に金額を確認しながら注文するそうです。要は内容量に人数分の注文により、金額は前後しまちまちです。

このおせちに憧れる理由は、スペシャルセット【極~kiwami】にしか入っていない中身に引かれました。何が入っているかというと、まずは黒毛和牛サーロインのローストビーフ。(肉大好き、しかも黒毛和牛のサーロインなんて、贅沢)国宝と呼ばれている豚の肉料理。(高級な豚肉は柔らかくジューシーですものね)

三大珍味のキャビア、フォアグラ、トリュフ。(高級食材の王道です)一匹2万円の伊勢湾で水揚げされた伊勢海老。(大物で見るからにプリップリです)最高級まぼろしと言われたウニ。(濃いオレンジに入っている量も多い)カラスミ、なまこ、中々手に入れる事の出来ない高級魚などです。ここに挙げた料理はほんの一例、全部合わせると46種類の高級食材が入っています。更におせち以外にもセットとして、高級ワインの「シャトーマルゴー」と新潟県の地酒、グラスが付いています。

食材だけでなく、高級食器やお箸もセットの錢心亭の「極」おせち

おせちをたしなむ食器やお箸も一流の物を使用して、特別に職人さんがおせち用に作ったと書かれています。こだわりのおせち料理を私は自分の目で見ていつか堪能したいと思いました。「極」おせちは、毎年数量が決まっていて、簡単には手を出せない程の金額だと私は個人的に思うのですが、毎年直ぐに完売してしまうところもなんだか引かれてしまう要因です。

「極」おせち料理の写真がアップされているホームページで見させて貰いましたが、沢山の高級食材がふんだんに使われていて私が今まで生きてきた中で、まだ見た事も食べた事もない食材が沢山ありました。高い食材ばかりをメインに使用したおせちだと言う理由だけで単純に引かれていると思われるかもしれませんが、どうしても私は死ぬまでに一度は極みと言うおせちが食べたいです。