三越の有名シェフ限定おせちは、3人の巨匠が一段ずつ担当する豪華さ

42歳、女性。在宅ワーカーをしています。私がぜひ食べてみたいと思ったおせちは、老舗デパート三越で限定販売された「巨匠のコラボレーションおせち」です。値段は41,040円で1,200セット限定というおせちです。どうして、このおせちが食べたかったかと聞かれれば、それはあまりにも豪華な和・洋・中の豪華共演だったからです。

青柳、レ・ストゥディ、トゥーランドット臥龍巨の有名シェフがコラボ

一の重を担当された小山裕久さんですが、「青柳」というお店のご主人で、その料理は繊細でいてとても斬新なものがあると聞いた事があります。今回の一の重もかなり繊細な味わいになっているのだろうと思うんです。紅白のかまぼこに、数の子やイクラなど、これぞ日本のお正月という感じですよね。

ニの重は一気に洋へと移り変わります。この洋の重を担当されたのは、美味しいスペイン料理のお店として有名なあの「レ・ストゥディ」のオーナーシェフである、ジョセップ・パラオナ・ピニュスさんという方です。レ・ストゥディは完全予約制のスペイン料理で、まさに特別なお重だと思うんです。

今まではおせちに洋?と思ったんですが、カラフルな色を見ていたら、洋もありかも。と、思ってしまいました。

三の重を担当したのは、赤坂にある「トゥーランドット臥龍巨」のオーナーシェフである、脇屋友詞さんなんです。こんな豪華なコラボレーションが他にあるでしょうか。おせち料理といえば、一年に一度しか食べない豪華な料理です。ぜひともこれぐらい豪華なおせちを一度は食べてみたいですよ。

三越の高級おせちを食べながら大晦日を過ごしたい

おせちを見ながら、紅白歌合戦を見るというのが小さい頃からの定番でした。実は、北海道の多くの家庭ではおせちは元旦ではなく、大晦日に食べる物なんです。だから、いつもお蕎麦を食べる時にはかなりきつい状態なんです。

数年前まで他の県の方が大晦日におせちを食べない事を、知らなかったんです。初めて聞いた時には、かなり驚きました。今年の大晦日こそ、母と二人で三越の豪華なおせちを食べながら、紅白歌合戦を見て、年を越したいなぁと思いました。

一度で良いからためらうことなく高級おせちを買えるようになりたい。いつも母の手作りおせちを食べています。もちろん母のおせちも大事なのですが、三越高級おせちをネット注文していつも忙しい母にゆっくり過ごしてもらうというのが希望です。