船場吉兆の三段重おせち20万円!他と一線を画す豪華絢爛のお重にお料理

31歳女性、3人子持ちの兼業主婦(会社員)です。昔から実家ではお節は作るより買うタイプで、割と色んなタイプのお節を食べてきました。結婚して家庭を持っても、やはりお節は買うものというイメージが強く毎年購入しています。

4~5人前で20万円、船場吉兆のおせちはプレミアム感半端ない

子どもが大きくなってきて量も食べるようになったので、最近では毎年一般的なファミリータイプの4~5人前のお節を百貨店で注文して食べています。基本的には有名和食店、たまに奮発してホテル系のお節を頂くこともあります。そんなわたしの一度は食べてみたい憧れのお節は、船場吉兆の三段重のお節(4~5人前)、20万円です。

誰もが知ってる高級料亭である吉兆のお節というだけあって、お節のプレミアム感も計り知れないと思います。デパートのお節カタログの、だいたいが一番前にのっている船場吉兆のお節。凄いな、こんなの食べるのどこのお金持ちだろう、どんな味がするのかな。見ているだけで期待に胸が膨らむお節です。

業界人から愛される船場吉兆の味、おせちで食べてみたいけど高い~

お節といえばどこもだいたい豪華に作っていますが、吉兆のお節は他とは一線を画している気がします。
金銀重ねの丸重は他に類を見ないデザインで、お正月に相応しい豪華さがあります。中身も伝統的な正統派お節で、三段重は大きな伊勢海老が丸々入っており、見た目の華やかさも他とは違う気がします。

味は想像もできませんが、名だたる業界人から長年親しまれる老舗の味は昔ながらの和の技に斬新な新しさが加わっていることでしょう。
値段も20万。20万あれば海外に行くこともできる値段です。国内なら家族5人で旅行ができます。通常一食、お正月中食べるとしても3日ほどの食事に出せる金額ではありません。

人生で一度は食べてみたい船場吉兆の三段重おせち

一般家庭が食べているお節の相場はだいたい2~3万円くらいでしょうか。4~5万円出せば、わ!奮発したな、誰かお客さんでも来るのだろうかと、高級に感じる値段です。その4倍。食べてみたいけれど、宝くじでも当たらない限り絶対に自分では選ばない、選ばないお節だからこその憧れがあるのです。

限られた者だけが食べることができるお節、というイメージです。
船場吉兆自体にも絶対行くことがないだろうな、というのもお節に憧れが募る理由のひとつだと思います。高級料亭のひとり10万以上の懐石、それを家族5人で行くと50万です。とても手が出せません。

敷居も高く、一般家庭の人間が行くようなところではないような気がします。お節であれば、親戚一同が集まって、何かのお祝いが重なっていればあるいは、という期待もあります。人生の中で、本当にいつかは食べてみたいお節です。